水の栞

~不細工(笑)とビックリマンと飛田さんと唇柄が好きな水館久美子の日記です~

コンセント位置

リフォームが進んでいます。

もう、計画する楽しい時期は過ぎたのですが、見てるだけでもすごーく楽しいです(^^)

ビフォーアフターを写真に収めようと、バシバシ写真を撮ってます。

すみません、好きなんです、そーいうのが。

もちろん、仕事中は撮りませんよ(^^;)

大工さんのいない時間にパシャパシャ☆

何度カードをいっぱいにした事か(笑)←まだちょっとしか始まってないのに。

 

最初のリフォームは、末妹の部屋です。

末妹は現在、次女の家に居候していいるので、気楽に(?)リフォーム!

…と思ったら、設計のミス発覚(笑)

大きなミスではなかったのでホッ(^^)

 

以下、リフォーム話が長いので畳みます(^^;)

 

さて。

私は既存の住宅に以前から不満がありまして。

 

「コンセントの位置が低すぎる」

 

たいていが踝の位置ぐらいにありますよね?(現在の住宅がどうかはよく知らないですけど)

私は腰の位置ぐらいに欲しいんです。

そのくらいの位置にあれば、差し替える時も楽。

家具の裏側にコンセントが隠れることの不便さといったらないです。

コンセントに埃が溜まって火災になる、なんて不安も、見える場所にあれば少しは安心?

小さな子がいるご家庭にも、いいんじゃないかなぁ?

いつか、自分が家を建てるときが来たら(※訳・宝くじが当たった時)、コンセントは腰の位置だ!

…。

と、考えてたら先日母に「コンセントの位置、どの辺?」と聞かれ、ビックリ。

「え?」「高い方がいいって言ったじゃん」

まさか、今回のリフォームでやってくれるとは思わなくてビックリ!(妹の部屋だったし)

長年考えていた割には、とっさに具体的な数字が出せず、オタオタ(^^;)

結局、腰の位置…にはならず、床から60cmの高さにして貰いました。

妹には実験的なものにつきあわせちゃったけど…いいよね?(^^;)

f:id:ccp4:20090618154828j:image

上のほうに見える枠が、新しいコンセントの位置です。

さて、どんな使い心地になるのでしょう?(^^;)

 

ちなみに、私が思う、コンセント位置が高い場合のデメリット。

・家具が近くに無い場合の、見た目が悪い。

 

一長一短、なのかも。