水の栞

~不細工(笑)とビックリマンと飛田さんと唇柄が好きな水館久美子の日記です~

HXHアニメ感想~(^^)

更新は不定期です。

 

第5話(~ヌメーレ湿原突破まで)

※前提・私はレオリオが好き過ぎる(笑)

 

 

見ながら書いていないので、感想が前後するかも

 

・キルアが自分の正体(?)をほのめかすシーンがカット。なに?キルアはいい子ちゃん路線なの?

ヒソカも、ただの殺人鬼な部分は押さえられ、自分を殺そうとした相手を殺す、という一種の正当防衛にされてしまった。上手く作られているので、原作知らない人には普通に殺人鬼に見えたかもしれないですが。

・ただ、原作の流れがかなり変わってしまった。原作ではクラピカとレオリオ、そしてモブキャラ一人が生き残り、モブキャラの提案で逃亡を選択→レオリオだけ売られた喧嘩を買いに戻り、クラピカは戻ったレオリオを見て(?)戻る、モブキャラは戻らなかったためヒソカに殺される。

・この流れがまるっと変わったため、逃亡の提案者がクラピカになったり、レオリオが売られてもいない喧嘩を買ったりしちゃっている。

・このあたり、レオリオとクラピカの性格の違いが出ていて好きなのになー。

・船上での飛び出しシーンのこともあるし、レオファンは悲しいぜ。

・なまじ、他がいいだけになー(^^;)

・というわけでゴン可愛いです。(毎回言ってますな)

・一度罠にかかっちゃうゴンキル組の描写が面白い。

・トンパのジュースの使い方や、「こんなの使わなくても」と言うキルアも良かった。

ヒソカとレオリオのバトルもいいです☆ ボッコボコなレオ好きだー!

・ゴンVSヒソカのバトルも緊張感があっていいね☆

ヒソカに抱えられるレオリオ好きだー(^^)

・ゴンとクラピカが会話するシーン、今思えばクラピカとゴンの会話って大事なシーンだよね。飛行船(最終試験の後だったかも)の時もそうだったけど。

・最後のカット、レオリオが抱えられてる腕が違う(笑)←細けぇよ

レオが記憶を無くしてるシーンは来週か!

レオリオスペシャルもあるかもだし、来週も正座で待機だな!(別に今週、正座で待機してませんでした)